新卒NGO職員がゆく。

気にしていたいのはいつだって、世間よりも「世界」だ

「戦後」が終わらない社会を。〜「平和」を伝える難しさ〜

突然ですが・・・ 目の前にこれら2枚のカードが並べられたとしたら、あなたはどちらを選びますか? 当然ながら、この質問に「正解」はありません。 でも、おそらく、多くの人が「平和」と書かれたカードを選ぶのではないでしょうか? にもかかわらず、この世…

家畜と生きる。〜やぎ銀行で持続可能な収入源を〜

地雷埋設地域における村落開発支援プロジェクトでは、現在(2018年度時点)カンボジア北西部のバッタンバン州3ヶ村を対象としています。今回は、2014年にプレア・プット村に編入された、山の麓の小さなコミュニティで実施している「やぎ銀行」について。わた…

国際協力「日当問題」〜現地の人に現金は支払うべき?〜

以前、Twitterでこんなアンケートをとってみました。 仮に、あなたがNGO職員だとする。 貧困層を対象にした収入向上支援プロジェクトを実施中。職業技術を提供するための研修を開催する際、事業対象の参加者らに「日当」を支払いますか? ※対象者は貧困層で…

今月のお野菜(2018年4月):cucumber/chinese mustard green

こんにちは!新卒「国際協力師」の延岡由規(@yuki_nobuoka)です。 カンボジアは4月中旬にクメール正月があり、大型連休をいただいておりました。その間、わたしはお隣の国、ベトナムに旅行していました。 仕事以外で外国に行くのはかなり久しぶりで、初め…

4月4日「国際地雷デー」をカンボジアで迎えて。

4月4日は #国際地雷デー カンボジアでは戦闘状態が終結して20年以上が経つが、当時埋められた地雷は今なお人々の生活を脅かし続けている。地雷/不発弾が1つ撤去されれば、確実に1つの事故を防ぐことになる 途方もない道のりかもしれないが、平和な世界に向け…

あるNGO職員の、ある1日のスケジュール。

日曜日の振替で今日はお休みなんだけど、出勤してデスクワークをがんばるスタッフたち。頼もしく、有難く感じる一方で、家族と過ごす大切な時間を削って仕事をさせてしまっていることが申し訳なくもある。フィールドとオフィスのバランスをみんなで考えてい…

【書籍感想】「恥じらいなく、平和を語る勇気が湧いてきます」

以前からお伝えしていた通り、先日、原貫太さんとの共著『国際協力師たちの部屋 特別版ーゼロから考える"本当の"国際協力ー』の販売を開始しました。 お読みいただいた方から、徐々にご感想をいただいております。 ありがとうございます! 今回は、Faceboo…